「タンポポって花があるよね。種を風に乗せて飛ばすやつ」
         ./^l、.,r''^゙.i′           「うん?」
         l゙:r i:i′ .|            「綿毛の種は風に運ばれて、故郷から遠く遠く離れて、
      :i^¨''iノー-i (_.vv,、           もしかしたら草木なんか一本も生えてない砂漠に落ちちゃうかもしれない
      i.、/:::::::::::::::::゙彳_ >        そんなとき、たった一粒のその種が何を思うか・・・・・・それを想像してくれれば、
     _,ノ i::::::::::::::::::::.('`,.ヽ        解ってもらえるかもしれない。わたしのこと」
     ( 、:|:::::.i;i;i:::::::::::i:.'^゙'<        「・・・・・・」  
     '' ::.!:::::.ii;i.|::::::::::.i‐ ,フ''        僕はしばらく自分の中で、沙耶の答えを吟味した。その間にも沙耶は、たとえ話の先を続ける。
    .< :::i::::::.ii;i;|:::::::::.,「=(          「種は、もちろん草の種だからね。
     `ー::|,.:::::i;i;::::::::::/.\^':、         その気になって頑張れば、砂漠を砂漠じゃなくしてしまえる。
      ./゙,r|:::::::::::::::::,i゙.'!'=;^′         ただ一粒だけの種でも、もしかしたら、頑張ろうって思うようになるかもしれない。
     .) ,/ソ,:::::::::::,l'_ .).:r          そんな風にタンポポの種が心を決めるとしたら、どんなときだと思う?」
      ゙'レ'´i''!゙ー/'(゙゙ | .|           「・・・・・・それは?」
         | ._,i'!(冫.;i .|           「それはね、その砂漠に――たった一人だけでも――
            .. |. |             花を愛してくれる人がいるって知ったとき。
              .! .i   ._,,,‐''^^'''''>  タンポポの花は綺麗だね、って、種に話しかけてくれたとき」
    、....,,,,..,,_      ! .;! .,/'゙`,_   .,ノ
    \  .⌒\  │ .|!.,,iミ/ ._,,,./′
      i  '^'''‐、..゙'hノ| .|厂 . ̄′
     .ヽ_    ゙メリ| .|


このAAのみを小さいウィンドウで開く(コピペしやすくなります)☆このホームページにあるアスキーアートは転載自由です
オプションの画面を開く・閉じる

カテゴリ:
このaaに対してコメントする※本文が入力されていないとコメントできません_英文のみのコメントもできません
名前:
このaaに設定されたタグ:タンポポの唄  タンポポの歌  たんぽぽのうた  たんぽぽ  タンポポ  
aaのデータ:文字コード/UTF-8  使用文字数/約1491

AA原寸大画像※一部のaaはサイズが縮んでいます
タンポポの唄のアスキーアート画像
その他いろいろなサイズの画像

その他の画像を生成↓
AA小改造用エリア

AA集積場のTOPへ戻る
関連するAA